宅トラの評判はどう?解約しない人の使い方を口コミで知りたい!

宅トラ

あなたは宅トラを検討中ですか?

宅トラは宅配型トランクルームで、自分で荷物を運ぶ必要がなく、とても便利と評判のトランクルームです。

 

ただ、宅トラは長期が基本で、最低利用期間が6ケ月なんです。

ですので、宅トラの評判が良かったとしても、あなたの使い方にあわず6ケ月未満の利用で解約してしまっても、6ケ月分の保管料を支払うことになります。

 

解約するのに余分な料金を支払うのは、できるだけ避けたいですよね。

こちらでは、最初に宅トラを絶対に利用しちゃダメな使い方をお伝えします。

そのあと、解約せずに上手に宅トラを利用してる人の使い方を口コミを交えて紹介していきます。

 

宅トラの評判から分かったこんな使い方はNGです!

 

まずは、宅トラを利用しないほうがいい使い方をまとめてお伝えしますね。

宅トラがNGな使い方

  • 短期利用(メリットがあればOK)
  • 荷物を頻繁に出し入れする
  • 自分でも荷物を出し入れしたい
  • 急に荷物が必要になる場合がある

 

宅トラは利用最低期間が6ケ月です。

ですので、利用期間が6ケ月に満たなくても解約するときには、6ケ月分の保管料を支払うことになります。

もし、あなたがレンタルするまえから、短期を希望しているのでしたら、宅トラはオススメしません。

 

ですが、あなたにとって6ケ月分の保管料を支払ってもメリットがある場合は、利用してもいいと思います。

 

たとえば、

・他社のトランクルームと比較してトータル的な料金を試算すると宅トラが安くなる。

・安心できるクロネコヤマトに荷物の出し入れを依頼したい。

・月額料金が安く空調管理されている場所で荷物を保管したい。

など、があれば宅トラもオススメです。

 

絶対に利用してはダメな使い方は、荷物を自分で出し入れする可能性があるものを保管する場合です。

 

宅トラは宅配型トランクルームで荷物の出し入れはクロネコヤマトが全て対応します。

 

荷物は茨城県古河市の空調管理がされている倉庫に保管されています。

もし、あなたが急に必要になった荷物を宅トラの倉庫に取りに行っても防犯対策の都合上、あなたが倉庫で荷物を受け取ることはできません。

 

あなたは荷物の出庫依頼をして、荷物が届くのを待つことになります。

荷物の配送は最短で配達可能であった場合でも、あなたが受け取れるのは翌日です。

ですので、あなた自身で荷物の出し入れを希望する場合があるのであれば、宅トラは選ばないほうがいいです。

 

また、宅トラは、配送にはその都度料金がかかります。

ですので、頻繁に荷物を出し入れする予定でしたら宅トラはオススメしません。

ただ、宅トラに限らず宅配型トランクルームは配送の料金がかかります。

 

もし、ほかの宅配型トランクルームも検討しているのでしたら、保管料だけではなく配送料も確認してみてくださいね。

 

宅トラは配送料はかかってしまいますが、宅配型の特徴を上手く利用して、宅トラに保管してあるものを、旅行先や離れた家族に配送する使い方もできるんですよ。

 

どうでしょうか?

あなたは宅トラで利用しないほうがいい使い方でしたか?

 

もし、利用しないほうがいい使い方でしたら、この記事を読んでもあなたにとっては無駄な時間になってしまいます。

ですので、この記事から離れてあなたにピッタリなトランクルーム探しを進めてくださいね。

 

もし、大丈夫そうでしたら、この先も読み進めてみてくださいね。

まずは、宅トラの種類が分かっているほうがイメージしやすいと思いますので、宅トラの種類について紹介します。

 

宅トラで利用できる種類と料金!評判がいいのはボックスタイプ

 

 

宅トラでレンタルできる種類は大きく分けると3つあります。

宅トラの種類

  • ボックスタイプ
  • ダンボールタイプ(ちびトラ)
  • 大型荷物

 

上記、3つの種類を簡単に紹介しますね。

宅トラのボックスタイプ

宅トラボックスレギュラー料金

 

宅トラで人気があるのは、ボックスタイプです。

 

ボックスタイプですと、あなたが預けた荷物の写真を宅トラが撮ってくれますので、あなたは専用画面で荷物の画像を確認しながら取り出す荷物を選択できます。

 

荷物の画像があれば、宅トラに何を保管しているのか忘れても大丈夫ですよね。

(ダンボール内のものは画像になりません。)

 

宅トラのボックスタイプは2種類ありますので、2種類のボックスの大きさや料金をお伝えしますね。

 

ボックスタイプと料金(税抜き)

・レギュラータイプの月額料金は6000円
高さ:170㎝ よこ:104㎝ 奥行:104㎝(ダンボール30箱分)

・ミニボックスタイプの月額の料金は4980円

高さ:130㎝ よこ:104㎝ 奥行:104㎝

 

レギュラーボックスとミニボックスでは高さが40㎝違います。

奥行や横は同じです。

 

ボックスタイプについては他の記事でまとめています。

記事では6ケ月未満で解約したときの料金も試算しています。

宅トラ・ボックスタイプの記事をみる⇒こちらをタップorクリック

宅トラのダンボールタイプ

ちびトラ料金

 

ダンボールタイプは「ちびトラ」になります。

ちびトラの種類は2種類あります。

 

ちびトラの種類と料金(税抜き)

・ちびトラ3の月額料金は1480円(ダンボール3箱)

・ちびトラ5の月額料金は1980円(ダンボール5箱)

 

ちびトラ3とちびトラ5の違いはダンボールの数です。

ちびトラ3はダンボールが3箱。ちびトラ5はダンボールが5箱です。

 

ボックスタイプでダンボールを保管する場合は指定されていませんが、ちびトラを利用する場合はダンボールが指定されています。

ダンボールは1箱300円(税抜き)です。

 

ダンボール1箱の大きさは、高さ:40㎝ 横60㎝ 奥行40㎝。(重さは20kgまで)

 

ダンボール1箱に入る目安は

・Tシャツ 150枚

・CD 500枚

・文庫本 100冊

 

ダンボールを3つ保管できるちびトラ3でしたら、Tシャツが450枚保管できます。

CDであれば1500枚。文庫本でしたら300冊です。

 

ちびトラについては他の記事で詳しくまとめています。

記事では6ケ月未満で解約した場合の料金の試算もしています。

宅トラ・ちびトラの記事をみる⇒こちらをタップorクリック

 

宅トラの大型荷物(ベッドやソファなど)

 

大型荷物はちびトラやボックスタイプに収まらない荷物を保管します。

大型荷物で保管できる大きさは、三辺の合計が450㎝までです。

450㎝を超えるものは宅トラで保管できません。

 

大型荷物の月額料金は2250円~12300円です。

料金だけでは分かりにくいので、大人用のシングルベッドをイメージした例を紹介しますね。

(例)大人用のシングルベッド:高さ 100㎝ 幅97㎝ 縦200㎝

 

(例)のようなシングルベッドの3辺の合計は、100㎝+97㎝+200㎝=397㎝です。

397㎝の大物荷物を保管する場合は月額8550円(税抜き)かかります。

大型荷物の料金は宅トラ公式サイトで確認できます。

 

大型荷物については他の記事で詳しくまとめています。

記事ではベッドを例にして、6ケ月未満で解約した場合の料金を試算してます。

 

宅トラ・大型荷物(ベッド)の記事をみる⇒こちらをタップorクリック

 

 

宅トラ公式サイトで詳しくみる

↓↓↓タップorクリック↓↓↓



 

宅トラの評判は?解約しない人の使い方

 

宅トラで解約せずにレンタルしている人の使い方をお伝えしていきます。

こちらでは分かりやすいように、口コミと合わせて使い方のポイントを紹介します。

評判のよい使い方①
口コミ①

扇風機とか季節で使う家電を収納するトランクルームを探していました。

近くに自分で持っていくトランクルームがありましたが、車がないので自分で持っていくところよりも配送してくれる宅トラを選びました。

家はマンションの3階ですが、荷物をヤマトが運んでくれるので助かります。

 

使い方ポイント

利用者は車を持っていませんので、クロネコヤマトが自宅まで荷物を引き取りに来てくれるのは、とても便利ですよね。

しかも、ご自宅はマンションの3階のようですので、車を持っていたとしてもプロに任せたほう荷物の搬送はスムーズだと思います。

 

荷物の配送には保管料とは別に送料がかかりますが、利用者が保管しているものは、季節限定の家電です。

ですので、荷物の出し入れは年に数度だと思います。

宅トラは配送料がなければ、月々の支払は保管料だけです。

 

口コミ①の利用者はボックスタイプを利用していると思います。

ボックスタイプの料金はレギュラーボックス1つでしたら、月額6000円(税抜き)でレンタルできます。

ミニボックスですと月額4980円(税抜き)です。

 

ボックスタイプは扇風機と一緒にほかの荷物も保管できます。

荷物を保管する倉庫内は空調管理がされているので、気温や湿度が心配な荷物の保管も安心ですね。

 

 

評判のよい使い方②
口コミ②

他のトランクルームを利用したことがあったのですが、必要な荷物がトランクルームにあるのか自宅にあるのか分からなくなってしまいました。

宅トラでは預けたものを写真で撮ってネットで見れるよう管理されているので、探し物が減りました。

 

使い方ポイント

宅トラは荷物を保管すると、荷物の写真を撮ってくれますので、何を保管しているかwebで確認することができます(ちびトラ除く)。

 

ですので、保管しているものを忘れてしまっても、webで確認できますので、安心ですよね。

宅トラは最初の荷物の手続きが面倒との口コミもありますが、将来的なことを考えると初めにしっかりと準備してしまったほうが後で使いやすいです。

 

荷物を保管した当初は覚えてますが、時間と共に保管したものって忘れがちではありませんか。

 

評判のよい使い方③
口コミ③

以前は自分で荷物を運ぶトランクルームを利用していました。

しかし、自分で運ぶトランクルームは奥にしまったものを取り出すのに、手前の荷物を自分で全部出さなければなりませんでした。

宅トラでは預けた荷物を整理して保管してくれるので、とても助かっています。

 

使い方ポイント

自分で荷物を出し入れするトランクルームは、レンタルスペース内の管理は全て自分で対応することになります。

トランクルーム内に荷物を入れるときは、あとで取り出す可能性があることも考えながら収納しなければなりません。

 

宅トラでしたら、あなたが荷物の出し入れをすることがありませんので、面倒な荷物整理に時間がかかりませんので便利です。

 

評判のよい使い方④
口コミ④

季節ものの服や家電を保管しています。

宅トラで預けるまえにどこにするか悩みましたが、荷物の配送がある宅トラにしました。

利用するまえは配送料が不安でしたが、季節ごとに配送を依頼するだけでなので、それほど料金はかかりません。別のトランクルームではもっと料金が高くなってしまうので、宅トラにしてよかったと思います。

 

使い方ポイント

宅トラの配送料は利用するたびに発生します。

配送料は月額料金とは別です。

 

ですが、宅トラが荷物を保管しているのは茨城県古河市の倉庫内です。

ですので、都心と比較するとレンタル料金が安く抑えられます。

 

口コミ④の利用者はボックスタイプで家電用品と服を保管していると思います。

ボックスタイプは専用のボックス内に収納できれば、家電と服を一緒に保管できます。

 

しかも、茨城県古河市に倉庫があるので月額料金が抑えられ、倉庫内の温度は20~25℃、湿度は55~65%に保たれているので、家電や服の保管も安心してできますよね。

 

評判のよい使い方⑤
口コミ⑤

宅トラで大量の雑誌を保管しています。

自分で搬入しなくていいので助かっています。

部屋を片付けたくても捨てられないので、空調管理されている倉庫内で保管してもらえるのは嬉しいです。

 

使い方ポイント

宅トラで雑誌を保管する方法は、ボックスタイプとダンボールタイプのちびトラがあります。

ボックスタイプですとミニボックスでも宅トラ指定のダンボールで24箱保管ができます。

ボックスタイプはダンボールは指定のものでなくてもOKです。

 

ダンボールタイプのちびトラ3ですとダンボールを3つ保管できます。

ダンボールは宅トラ指定のものを利用し、1箱に文庫本なら100冊入ります。

 

ですので、ちびトラ3でしたら文庫本が300冊保管できます。

ちびトラ3の料金は月額1480円(税抜き)です。

 

評判のよい使い方⑥
口コミ⑥

子供用品を預けてます。ベビーカー、ベビーベッド、鯉のぼりのような普段はほとんど使わないものを保管しています。

年に何回も出庫しないので、配送料は高くは感じていません。
別のトランクルームと比較すると空調管理されていないところもあったので、宅トラにしました。

 

使い方ポイント

口コミ⑥の利用者はベビーカーやベビーベットなど普段使わないものを保管しています。

 

将来、子供が生まれたときに使う可能性があるベビーカーやベビーベッドなどは、できれば空調管理がされている場所で保管いたいものですよね。

 

利用者は荷物を取り出すことがほとんどないようなので、月額が安く抑えられ空調管理がされている宅トラで荷物を保管するのはとてもいい選択だと思います。

 

評判のよい使い方⑦
口コミ⑦

毎年家族でスキーに行くときは車で行くことが多いのですが、軽自動車に家族のスキー道具を入れると車内がスキー道具でいっぱいになってしまいます。

でも宅トラを利用するようになってからは、行きはホテルにスキー道具を配送して、帰りは宅トラに配送できるのでとても助かってます。

 

使い方ポイント

宅トラは配送の対応地域ではれば、荷物の配送先を自由に決めることができます。

ですので、利用者のようにホテルに荷物を送ることも可能です。

 

今回は車でスキーに行っていますが、電車で行くときにも便利な使い方ですよね。

自宅もスッキリ片付きますし、宅トラの特徴を上手に利用している使い方です。

 

万が一、荷物に破損があった場合などは、1梱包あたり上限30万円または1ボックスあたり60万円までの補償があるそうですので、大切な趣味用品を預けても安心ですね。

 

評判のよい使い方⑧
口コミ⑧

トランクルームのカギを持たなくて済むのが助かります。

自分で管理するトランクルームでカギを無くし、新しいカギ代がかかったので、カギを持たなくて済むのは助かります。

 

使い方ポイント

意外と盲点なのがカギの有無です。

宅トラはクロネコヤマトが荷物の出し入れを全て対応していますので、あなたがカギを持つ必要がありません。

カギを無くしてしまいそうで心配な場合には、宅トラはとても便利です。

宅トラは倉庫内いスタッフが常駐していますので、荷物を保管していても安心ですよね。

 

さて、解約しないで使っている人の口コミを使い方のポイントを交えて8つ紹介しました。

解約しない人の使い方を何となくでも分かっていただけたでしょうか。

 

つぎは、解約しないで上手に使っている人のポイントをまとめてお伝えしますね。

 

宅トラを解約せず利用している評判のよい使い方のポイント

 

評判のよい使い方のポイント

  • 頻繁に荷物を出し入れしない
  • 荷物の管理を任せたい
  • 画像で保管した荷物を確認したい
  • 荷物の出し入れを宅配で済ませたい
  • 料金を安く抑えたい
  • 空調管理されている場所で保管したい

 

さきほどの口コミでも、利用者は上記を気に入り宅トラで荷物を保管しています。

口コミを紹介した全員に共通していることは、荷物の出し入れが少ないことです。

そして、宅トラの特徴である、荷物の出し入れを配送で依頼したいと考えています。

 

あなたは、どうでしょうか?

宅トラを利用しても大丈夫そうでしょうか?

 

あなたが宅トラを利用する可能性を考えて、申込方法と解約方法を紹介しますね。

宅トラの申し込み方法と解約方法はとても簡単です。

 

宅トラの申し込み方法&解約方法

宅トラがオススメ

 

宅トラの申し込み方法と解約方法をお伝えします。

順番が逆になるのですが、解約方法はとても簡単なので、解約方法から紹介しますね。

 

宅トラの解約方法

宅トラの解約方法は、荷物を全て引き取るだけOKです。

解約専用の書類を提出する必要はありません。

荷物を全て引き取れば、それで解約したことになります。

 

宅トラの申し込み方法

宅トラの申し込みは基本的に、WEB申し込みです。

WEB申し込みは宅トラ公式サイトから簡単にできます。

 

シュミレーションもできますが、シュミレーションしない場合は、初回引取料に数量を入力してくださいね。

 

初回引取料は最初に荷物を倉庫に配送する料金です。

初回配送料は宅トラを利用する際には必ずかかります。

 

 

シュミレーションをしない場合

宅トラのトップページにある「預ける」をタップまたはクリック

・初回引取料に希望する数量を入れる

・上記に同意する

申し込み手続きへ

 

と、進んでください。

 

WEB申し込みをすると宅トラよりスタートアップキット(手続き書類など)が送られてきます。

スタートアップキットには返送が必要な書類もありますので、忘れずに返送するようにしてくださいね。

 

宅トラを申し込し込んだ場合の初回の請求額は「初回引取料+利用初月の保管料日割り料金+2ケ月分の保管料」です。

他社では初期費用ともいわれている料金です。

 

では、最後にキャンペーン情報についてお伝えします。

宅トラのキャンペーン情報について

 

 

まず、クーポンについてです。

宅トラの公式サイトでWEB申し込みをしようとすると、申し込みフォームに「クーポン」を記入する欄があります。

 

ですが、こちらは過去にクーポンを1度発行したことがあるようですが、現在は利用できる人はいないと思います。

 

つぎは、キャンペーンについてです。

宅トラはキャンペーンがとても少ないのですが、今なら10000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

キャンペーン期間は2020年8月1日~9月30日までです。

8月8日~8月16日は夏季休暇中。

 

もし、宅トラを検討しているのでしたら、キャンペーン中のこの機会に宅トラ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

宅トラ公式サイトはこちら

 

トランクルーム3選
ドッとあ~る
.rトランクルーム

24時間いつでも出し入れ自由。短期利用OK。
屋内型、屋外型、バイク収納型があり、趣味の道具置き場から引っ越しの荷物預け場所など様々な用途に対応。
初期費用に補償料、管理費、事務手数料、メンテナンス費用などがありますが月額はリーズナブル。契約は長期利用のほうがキャンペーンのお得感あり。

キュラーズ
キュラーズのトランクルーム

24時間いつでも出し入れ自由、短期利用OK。
セキュリティや湿度管理もバッチリで明るく清潔感のある屋内型トランクルームは、すぐに取りに行けなのは不安という人や初めてトランクルームを利用する女性にもオススメです。初期費用の事務手数料、保証金、管理費、更新料、解約費が無料なのが嬉しい。

宅トラ
宅トラ

出し入れはクロネコヤマトの宅配対応。契約者でも荷物の出し入れNG。
宅トラは「自分で荷物を持っていくのは面倒」「近くにレンタルトランクルームがない」というような人にはピッタリです。
初期費用には初回引取料などがありますが月額料のお得感はピカイチです。注意点は最低利用期間の基本は6ケ月間以上、荷物の配送に送料がかかること。

宅トラ
junをフォローする
Roomea.
タイトルとURLをコピーしました