宅トラ・ちびトラを契約する料金は?解約するときの料金も知りたい!

宅トラ

宅トラのちびトラを契約するときの料金って、いくらなのでしょうか?

広いトランクルームをレンタルするほどではないけど、ちょっとした荷物を預けたいときってありますよね。

そんなときは、宅トラのちびトラが便利です。

ちびトラ3ならダンボール3個を1480円で預けることができます。

 

では、宅トラでちびトラを契約すると料金はいくらかかるのでしょうか?

こちらでは宅トラでちびトラを契約するときの料金、月々の料金について紹介します。

 

トランクルームは契約すれば必ず解約するときがきます。

ですので、解約するときの手続き方法や料金についても紹介しますね。

じつは、宅トラのレンタルする期間は基本的に最低利用期間が6ケ月なんです。

 

でも、諸事情で6ケ月経つまえに解約してしまう場合もありますよね。

ですので、こちらでは6ケ月間レンタルした場合の解約料金、短期の解約料金についてもお伝えしていきます。

まずは、宅トラの特徴から紹介しますね。

宅トラは宅配型トランクルーム!クロネコヤマトに渡すだけ!

宅トラがオススメ

宅トラの特徴

  • 荷物の出し入れはクロネコヤマトが対応
  • 荷物の出し入れは契約者でも不可
  • 郊外の倉庫で料金が安くレンタルできる
  • 倉庫内に空調管理あり(温度は20~25℃、湿度は55~60%)
  • 最低利用期間は6ケ月(短期の場合でも6ケ月分の料金を支払う)

 

宅トラの最大の特徴は宅配型のトランクルームであることです。

宅トラのトランクルームは茨城県古河市にある倉庫を利用していて、契約している荷物はそこで保管しています。

 

倉庫への出し入れは全てクロネコヤマトが対応しますので、あなた自身で荷物をトランクルームに運ぶ必要がありませんので、とっても便利です。

 

ただ、防犯対策として倉庫での出し入れは、あなたが希望してもできませんので注意してくださいね。

 

たとえば、急に必要になった荷物を倉庫に取りに行っても受け取ることはできませんので気をつけてくださいね。

 

宅トラ・ちびトラの料金と申込方法

 

 

宅トラの種類は大きく分けると

・ちびトラ(ちびトラ3・ちびトラ5)

・ボックス(ミニボックス・レギュラーボックス)

・大型荷物

上記、3種類があります。

 

こちらの記事では、ちびトラに絞ってお伝えしていきます。

 

宅トラ・ちびトラ3&ちびトラ5の料金

ちびトラ料金

 

ちびトラの種類はちびトラ3ちびトラ5の2種類です。

ちびトラ3とちびトラ5の違いはダンボールの数です。

 

ちびトラ3はダンボールが3つ。

ちびトラ5はダンボールが5つ。

 

ちびトラはダンボールが指定されていて、ダンボールの大きさは、「高さ:40㎝ 横:60 奥行:40㎝」です。重さは20㎏以内です。(ダンボールは購入になります。)

ダンボールの大きさのイメージがしずらいと思うので、ダンボール1つに入る目安をお伝えしますね。

 

ダンボール1つの収納目安

・Tシャツ 150枚

・CD 500枚

・文庫本 100冊

 

ダンボール1つに意外と入りますよね。

ちびトラ3はダンボールが3つですので、文庫本なら300冊前後の保管が可能です。

Tシャツなら450枚前後の保管が可能です。

自宅にあるものがこれだけ片付いたら、だいぶスッキリしますよね。

 

ちびトラ5ならもっと保管ができますよ。

でも、料金が高いとレンタルするか悩んでしまいますよね?

 

宅トラは茨城県の倉庫で保管していますので、月々の保管料金は意外とリーズナブルなんですよ。

 

ちびトラの料金

・ちびトラ3の月額料金は1480円(税抜き)

・ちびトラ5の月額料金は1980円(税抜き)

 

 

ちびトラは保管する荷物の量に合わせて複数レンタルすることも可能です。

たとえば、ちびトラ3を2つ、ちびトラ5を2つ。

ちびトラ3を1つとちびトラ5を1つなど。

また、ちびトラとレギュラーボックス、ちびトラとミニボックスのように自由に組み合わせることができます。

 

ただ、ちびトラを複数レンタルする場合は、総額が4980円(税抜き)を超えるようでしたら、ボックスタイプがオススメです。

ボックスタイプでしたらダンボールの指定もありません。

必要であればダンボールを購入することも可能です。

 

ボックスタイプについては他の記事で詳しくまとめています。

ボックスタイプの記事をみる⇒こちらをタップorクリック

 

宅トラ・ちびトラの申し込み方法はWEB!

 

 

宅トラはちびトラに限らず基本的に申込はWEBです。

WEB申込みは宅トラ公式サイトから簡単にできます。

 

宅トラ公式サイトでWEB申し込みをすると、宅トラからスタートアップキット(手続き書類など)が送られてきます。

スタートアップキットには手続きに必要な書類もありますので、忘れずに返送してくださいね。

 

では、宅トラでちびトラを契約すると料金はいくらかかるのでしょうか?

つぎは、ちびトラを申し込んで契約するときの料金についてお伝えしていきます。

 

宅トラ・ちびトラを契約するときの初期費用(初回の請求)は?

 

宅トラを申し込んで契約すると保管料のほかに何か料金がかかるのか心配ですよね。

トランクルームを契約するときにかかる料金は、他社では初期費用と言われていることが多いです。

ですが、宅トラでは初回の請求額なっています。

 

宅トラの初期費用(初回の請求額)は荷物の保管料(初月の日割分+2ケ月分)と初回引取料です。

初期費用(初回の請求)は基本的にはクレジットカード支払いです。

 

通常は上記のみなのですが、ちびトラはダンボール代がかかります。

ダンボール代はダンボール1つにつき300円(税抜き)です。

 

初回引取料は宅配型ならではの、最初に荷物を倉庫に保管するための配送料です。

初回引取料はクロネコヤマトが荷物を引き取りに行く場所によって異なります。

 

ちょっと分かりずらいので、例をだして初期費用を計算してみますね。

 

宅トラ・ちびトラの初期費用を計算すると料金はいくら?

例えば、ちびトラ3を1つ9月15日からレンタル開始したとします。

初回の荷物の引き取り場所は東京と仮定して計算してみますね。

ちびトラ3の月額料金は1480円です。

*税抜きで記載します。

 

宅トラの初期費用(初回の請求額)は荷物の保管料(初月の日割分①+2ケ月分②)と初回引取料③です。

 

例にあわせて計算してみますね。

①初月の9月分の保管料は月の半分の料金になりますので、1480÷2=740円

②2ケ月分の保管料は10月分と11月分になりますので、1480円×2ケ月=2960円

③東京都の初回引取料は4500円です。

地域別の初回引取料は宅トラ公式サイトで確認できます。

 

①、②、③の合計金額が初期費用(初回の請求額)になります。

ですので、初期費用(初回の請求額)は740円+2960円+4500円=8200円になります。

そのほか、ちびトラはダンボール代の300円×3つ=900円がプラスされます。

 

 

宅トラの公式サイトで詳しくチェックする

↓↓↓タップorクリック↓↓↓


 

ここまでは契約するときのことについて、紹介してきました。

ですが、契約すれば必ず解約するときがきます。

ですので、つぎは解約手続き方法や解約するときの料金についてお伝えしていきますね。

 

宅トラ・ちびトラの解約方法と解約するときの料金について

 

宅トラの解約方法については、保管している荷物を全て引き取るだけでOKです。

解約を伝える専用の書類を提出する必要はありません。

 

解約するときにかかる料金は、荷物を引き取る配送料だけです。

解約する月の保管料は基本的には日割りで計算されます。

宅トラは保管料の支払いが先払いですので、解約した月の保管料は日割りにして返金されます。

 

ですが、宅トラの契約期間は6ケ月以上が基本です。

ですので、契約していた期間が6ケ月に満たない場合は、6ケ月間分の保管料を支払うことになります。

 

宅トラ・ちびトラを短期で解約したときの料金はどうなる?

6ケ月に満たない短期で解約するときの料金は、契約していた期間や荷物の配送先で異なります。

ちょっと分かりずらいので、例をだしてお伝えしますね。

 

たとえば、ちびトラ3を1つ契約していたけど、4ケ月間の短期で解約することになったとします。

解約するときの料金を計算するには、初回引取料と解約するときの送り先の配送料が必要になります。

ですので、荷物の送り先は東京で、初回引取先も東京だったと仮定して計算してみますね。

*税抜きで計算します。

 

①ちびトラ3の4ケ月間の保管料は、1480円×4ケ月=5920円

②東京都の初回引取料は4500円。

③解約するときの配送先も東京都ですと、保管期間が6ケ月未満の場合に支払う料金は17880円です。

(地域別の保管期間が6ケ月未満の料金は宅トラ公式サイトで確認できます。)

 

4ケ月の短期で解約するときに支払う料金は、「保管期間が6ケ月未満の場合に支払う料金③-利用していた期間の保管料①ー初回引取料②」です。

ですので、17880円(③)-5920円(①)-4500円(②)=7460円

この場合は、7460円を支払うことになります。

(7460円には解約するときの東京への配送料金も含まれます。

 

短期ですと余分な料金を支払うことになりますので、できれば短期契約はしないほうがオススメです。

ですが、長期のつもりで契約したけど、宅トラが合わず解約することになってしまう場合もあります。

 

ですので、つぎは宅トラで契約しないほうがいい使い方、オススメな使い方を紹介しますね。

宅トラでレンタルしちゃダメな使い方は?

デメリット

 

ちびトラに限らず宅トラでレンタルしないほうがいい使い方をまずはまとめてお伝えしますね。

 

宅トラがダメな使い方

  • 短期利用の予定
  • 頻繁に荷物を出し入れする
  • 自分で荷物を出し入れしたい
  • 緊急で準備する可能性のある荷物を保管する

 

さいきほどもお伝えしましたが、宅トラの契約は基本が6ケ月ですので、短期で解約しても6ケ月分の保管料がかかります。

ですので、個人的には短期を予定している場合はオススメしません。

 

もし、短期で利用するのでしたら、あなたにとって6ケ月分の料金を支払ってもメリットがある場合に利用したほうがいいと思います。

 

たとえば、

・安心できる場所で保管したい。

・荷物の出し入れをクロネコヤマトで済ませたい

・総額を計算すると6ケ月分支払っても他社よりも安い。

 

などです。

 

宅トラで特に注意していただきたいのは、荷物の出し入れには配送料がかかること。

そして、契約者であっても、倉庫での荷物の出し入れが不可であることです。

 

宅トラは宅配型トランクルームですので、荷物の出し入れに保管料とは別に送料がかかります。

宅配型トランクルームは基本的に荷物の出し入れには送料がかかりますので、他社も検討しているようでしたら、保管料だけではなく送料も確認してくださいね。

 

また、宅トラは契約者であっても、あなた自身で倉庫の荷物を出し入れできません。

たとえば、急に必要になった荷物を倉庫に取に行っても、倉庫で受け取ることはできません。

 

ですので、急に必要になる可能性のある荷物を保管する予定でしたら、宅トラはオススメしません。

 

では、宅トラのおススメの使い方はどんな使い方なのでしょうか?

 

宅トラのオススメな使い方は?

 

宅トラがオススメな使い方

  • 長期間保管する
  • 荷物の出し入れが少ない
  • 車を持っていない
  • 荷物を自分で運ぶのは面倒

 

宅トラのオススメな使い方は、出し入れの少ないものを長期保管することです。

 

また、宅トラは宅配型トランクルームですので

・車を持っていない。

・諸事情で外出する時間がない。

・荷物を自分で運ぶのは面倒。

などが加われば、さらに便利に感じると思いますので、とてもオススメです。

 

宅トラは宅配型トランクルームですので、そのメリットを利用して保管している荷物を普段とは違う別の場所に送るのも便利だと思います。

 

例えば、趣味のゴルフ一式を自宅ではなく、宿泊先のホテルに送ることも可能です。

 

そのほか、引っ越しが多い場合は自分で出し入れするトランクルームをレンタルしてしまうと、引っ越すときに解約しなければなりません。

ですが、宅トラなら引っ越し先でも配送可能であれば問題ありませんよ。

 

どうでしょうか?

あなたは宅トラがオススメな使い方でしたか?

それとも宅トラはダメそうですか?

 

もし、オススメだった場合のためにキャンペーンやクーポンについて、紹介しておきますね。

 

結論からお伝えすると、クーポンは過去に利用されたことがあるようですが、現在はほとんどの場合利用できません。

 

そして、キャンペーンも宅トラはほとんどしないのですが、現在は7月末まで初回引取料が割引になるキャンペーンを実地中です。

 

宅トラのキャンペーンは非常に珍しいです。

興味がある場合は、早めに宅トラ公式サイトを確認してくださいね。

 

宅トラ公式サイトで詳しくみる⇒こちらをタップorクリック

 

トランクルーム3選
ドッとあ~る
.rトランクルーム

24時間いつでも出し入れ自由。短期利用OK。
屋内型、屋外型、バイク収納型があり、趣味の道具置き場から引っ越しの荷物預け場所など様々な用途に対応。
初期費用に補償料、管理費、事務手数料、メンテナンス費用などがありますが月額はリーズナブル。契約は長期利用のほうがキャンペーンのお得感あり。

キュラーズ
キュラーズのトランクルーム

24時間いつでも出し入れ自由、短期利用OK。
セキュリティや湿度管理もバッチリで明るく清潔感のある屋内型トランクルームは、すぐに取りに行けなのは不安という人や初めてトランクルームを利用する女性にもオススメです。初期費用の事務手数料、保証金、管理費、更新料、解約費が無料なのが嬉しい。

宅トラ
宅トラ

出し入れはクロネコヤマトの宅配対応。契約者でも荷物の出し入れNG。
宅トラは「自分で荷物を持っていくのは面倒」「近くにレンタルトランクルームがない」というような人にはピッタリです。
初期費用には初回引取料などがありますが月額料のお得感はピカイチです。注意点は最低利用期間の基本は6ケ月間以上、荷物の配送に送料がかかること。

宅トラ
junをフォローする
Roomea.
タイトルとURLをコピーしました