ドッとあーるコンテナ選ぶなら屋外型と屋内型どっち?おすすめはコレ!

ドッとあ~る

ドッとあーるコンテナを検討していると、屋内型と屋外型トランクルームのどっちをレンタルしたらいいのかって、悩みませんか?

そんな時のために、ドッとあーるコンテナの屋外型と屋内型の違いや選び方について、徹底的に調べまとめました。

 

まずは、基本となるドッとあーるコンテナの屋内型と屋外型の共通した特徴をお伝えしますね。

 

そのあとに、屋内型と屋外型の特徴。そして、屋内型と屋外型の違いや選び方について紹介していきます。

ドッとあーるコンテナ屋内型と屋外型に共通する特徴

 

ドッとあーるコンテナでレンタルできるトランクルームの種類は

・屋内型トランクルーム

・屋外型トランクルーム

・バイク収納型トランクルーム

以上、3つです。

 

バイク収納型はバイクの保管でレンタルするトランクルームです。

ですので、部屋を片付けたときや引っ越しの一時保管などは、屋内型か屋外型のトランクルームをレンタルすることになります。

 

ですが、屋内型と屋外型のどちらかをレンタルするといっても、どっちを選んでいいか分からないときってありますよね。

 

そんな時のために、屋内型と屋外型トランクルームの違い。

屋内型と屋外型トランクルームの選び方について、紹介していきます。

 

まずは、ドッとあーるコンテナの屋内型と屋外型トランクルームに共通する特徴を簡単にお伝えしますね。

 

屋内型と屋外型のトランクルームに共通する特徴

  • 24時間いつでも出し入れOK
  • 防犯カメラあり
  • 小容量から大容量までサイズが豊富
  • スタッフは常駐していない
  • 短期・長期の利用OK
  • 最短利用開始日は当日
  • web契約OK

*スタッフは常駐はしていませんが、随時巡回しています。

 

ドッとあーるコンテナは、あなた自身で24時間いつでも自由に、荷物の出し入れができます。

トランクルームにスタッフは常駐していませんが、防犯カメラが設置されています。

 

トランクルームの契約は最も短い期間は1ケ月。もちろん長期契約も可能ですよ。

基本的には、契約前に店舗でレンタルするトランクルームを確認してから、店舗で契約することになります。

 

店舗での契約であれば利用開始日は最短ですと、当日から利用可能です。

 

 

ですが、契約前にトランクルームを確認せず、web契約することも可能です。

web契約 した場合、トランクルームのカギは郵送されてきます。

 

ドッとあーるコンテナでは料金がお得なキャンペーン中です。

 

店舗の空き状況や、不明点はドッとあーるコンテナ公式サイトで確認できます。

ドッとあーるコンテナ公式サイトを詳しくチェックする

↓↓↓こちらをタップorクリック↓↓↓



ドッとあーるコンテナ屋内型(ビル内)の特徴

 

屋内型と屋外型の違いを分かりやすくするため、それぞれのトランクルームの特徴を簡単にまとめて紹介しますね。

まずは、屋内型トランクルームの特徴からです。

 

屋内型トランクルームの特徴

  • セキュリティがしっかりしている
  • 空調管理がしっかりしている
  • 都心に近く駅が近い場合が多い
  • サイズは0.5帖~4帖まで

 

ドッとあーるコンテナの屋内型トランクルームは、基本的にはビルやマンション内にあります。

トランクルームのあるビルやマンションは、基本的には空調管理がされいています。

ですので、トランクルーム内の温度や湿度を年間を通して一定に保つことができます。

 

また、屋内型トランクルームのあるビルやマンションは、駅が近い立地条件のよい場所に多くあります。

 

ですので、仕事帰りに利用するのにも便利です。

仕事帰りとなると、遅い時間に利用することもありますよね。

 

そんな時でもビルやマンション内にある屋内型トランクルームでしたら、建物内に入る際にカードキーなどで入館者をチェックしていますので、セキュリティ面でも安心です。

もちろん、建物内には防犯カメラもありますよ。

 

*屋内型トランクルームのセキュリティ・空調管理・サイズは店舗によって異なっています。契約前にドッとあーるコンテナ公式サイトなどから確認くださいね。

 

ドッとあーるコンテナ屋内型の詳しい記事をみる⇒ここをタップorクリック

 

ドッとあーるコンテナ屋外型の特徴

 

屋外型トランクルームの特徴

  • 3種類のトランクルームの中で最もレンタル数が多い
  • サイズは1.5帖から8帖まで
  • トランクルームに車を横付けできる
  • 都市郊外に多くレンタル料金を安くおさえられる

 

屋外型トランクルームは屋外の敷地内に、運搬用に利用するコンテナや海上コンテナを設置したトランクルームです。

 

屋外型トランクルームの敷地内には、防犯カメラが設置してありますが、入館者をチェックするようなシステムはありません。

 

トランクルームで利用しているコンテナは断熱材を使用し、通気口があります。

コンテナ内と外気との温度差は最大±7℃。

ですので、通常は荷物を保管していても問題ありません。

 

ですが、真夏の高温や真冬は温度差が心配ですので、屋外型トランクルームはスノコをひくなどの対策をオススメします。

 

屋外型トランクルームはレンタルしているコンテナまで車で行くことが可能なので、がざばるものや重いものを運ぶ時は、とても便利でなんすよ。

しかも、都市郊外ですので比較的安い料金でレンタルできます。

 

ですので、屋外型トランクルームは家中をスッキリ片づけたい場合や、引っ越し・リフォームの一時保管場所として利用するのにピッタリです。

 

*車の横付・サイズなどは店舗により異なりますので、契約前に確認してください。

 

ドッとあーる屋外型の詳しい記事をみる⇒ここをタップorクリック

 

屋内型と屋外型トランクルームの特徴を、何となくでも分かっていただけましたか?

もし、イマイチ分からないと思っていても大丈夫です。

屋内型と屋外型の違いを読み進めてみてください。

 

特徴だけみるよりも、屋内型と屋外型の違いをチェックしたほうが、分かりやすいかもしれません。

ドッとあーるコンテナの屋内型と屋外型の違い

ドッとあーる特徴まとめ

 

屋内型と屋外型トランクルームの違い

  • レンタル数
  • セキュリティ
  • 空調管理
  • 立地
  • サイズ
  • 料金

 

では、屋内型と屋外型トランクルームの違いについて、お伝えしていきますね。

個人的に徹底的に調べた結果、屋内型と屋外型で大きく違うのは、上記6つでした。

 

まず、トランクルームのレンタル数ですが、屋内型と屋外型では圧倒的に屋外型トランクルームのほうが多いです。

 

駅に近い立地条件のよい場所にある屋内型トランクルームは、広さを確保するのが困難です。

ですのでレンタルできるサイズは、少しだけ荷物を保管したい場合に便利な小さいサイズの0.5帖から、単身者の引っ越し一時保管場所として便利な4帖まで。

 

一方、屋外型トランクルームは都市郊外にあり、広さも確保できます。

トランクルームとして利用しているのは、運搬用などのコンテナです。

ですので、0.5帖のような小さいサイズはありません。

屋外型トランクルームでレンタルできるサイズは1.5~8帖サイズです。

 

また、屋内型はビルやマンション内なので、レンタルしたトランクルームの階によっては、台車を利用して荷物を運ぶようになります。

 

ですが、屋外型トランクルームはレンタルしているコンテナまで車で行けるので、重い荷物などをコンテナ近くまで持っていくことが可能です。

 

しかも、都市郊外ですので立地条件のよい屋内型トランクルームよりも、同条件でしたら安い料金でレンタルできます。

 

ただ、屋外型トランクルームは車でも簡単に敷地内に入れるようになっています。

屋外型トランクルームにも敷地内に防犯カメラはありますが、屋内型トランクルームのように入館者をチェックしていません。

 

それと、屋外型は屋内型トランクルームのように空調管理がされていませんので、一年を通じてトランクルーム内の温度や湿度を一定に保つことはできません。

 

屋外型トランクルームは断熱材を使用していますし、通気口もありますので外気とのと最大温度差は±7℃です。

ですので、それほど湿度や温度に影響を受けないものであれば、問題ありません。

とは言っても、保管するものによっては真夏真冬のような時季は心配になってしまうこともあると思います。

 

*レンタルできるサイズ・セキュリティ・空調管理は店舗により異なりますので、契約前に確認してください。

 

屋外型と屋内型の違いをみて、それぞれのトランクルームにメリットとデメリットがあることに、気づいていただけたでしょうか?

 

たとえば、

・屋内型はセキュリティや空調管理はしっかりしているけど、料金が少し高め。

・屋外型は料金は安くなるけど、セキュリティや空調管理が心配。

などです。

 

でも、「結局、どっちを選んだらいいの?」って、頭の中がゴチャゴチャになっていませんか?

 

そんな時のために、シンプルで簡単な選び方を紹介します。

ですが、シンプルな選び方だけでは分かりずらいので、使い方によってオススメがどっちかも紹介していきますね。

ドッとあーるコンテナ屋外型と屋内型の選び方!おすすめはコレ!

ドッとあーるバイク防犯システム

まずは、トランクルームで保管するオススメのものを簡単にお伝えしますね。

 

トランクルームで保管がオススメ

  • 洋服(衣替え・着ていない服)
  • 本・書類(雑誌・写真・仕事用の書類)
  • 趣味用品(キャンプ・釣り・ウィンタースポーツ)
  • 電化製品(冷蔵庫・テレビ)
  • 家具(ベッド・ソファー・テーブル)
  • 玩具(子供用おもちゃ・プラモデル・フィギュア)
  • イベント用品(ひな人形・こいのぼり・クリスマスツリー)

など。

 

上記のようなものは、トランクルームの利用者が実際に保管しているものです。

 

部屋にあるものをトランクルームに保管してスッキリと片付けたいけど、屋内型と屋外型のどっちを選んでいいか悩んでしまいますよね。

 

屋内型と屋外型トランクルームを選ぶときの基本となるシンプルな考え方は、個人的な判断でありますが

 

・セキュリティや空調管理を重視するなら屋内型

・料金や広さを重視するなら屋外型

 

でいいと思います。

 

たとえば、あなたの大切なブランド品のカバンや靴。

万が一を考えると、空調管理やセキュリティが気になりませんか?

 

そのほか、冬まで着ることがないダウンジャケットや皮のコートなども空調管理がしっかりしている場所で保管したいと思いませんか?

空調管理やセキュリティが心配なものは屋内型トランクルームがオススメです。

 

ですが、衣替えをした普段着のものなど空調管理やセキュリティが、それほど心配のない洋服もありますよね?

それから、今は着ないけど、いつか着る可能性のある服も、意外とクローゼットの中にしまってありませんか?

そのような場合は屋外型トランクルームでも大丈夫です。

 

洋服をトランクルームに保管する際は、屋内型や屋外型にこだわらず、クリーニングにだすか、しっかりと洗濯して清潔にしておくのがポイントです。

 

屋外型トランクルームに保管する場合は、コンテナ内にスノコをひき、除湿剤などを利用するのがススメです。

 

ちなみにですが、ダンボール10箱程度の洋服でしたら2帖くらいあれば保管できます。

余裕があるようなら、ついでに衣替えしたカーテンや寝具のタオルケットなどを保管してもいいかもしれませんね。

 

また、家具の場合は皮のソファーは空調管理が心配になりますので、屋内型トランクルームがオススメです。

ですが、温度や湿度の影響をそれほど受けないものであれば、屋外型トランクルームのほうがレンタル料金を安くおさえられるのでオススメです。

 

キャンプで利用するテントやアウトドア用品のようなものは、それほど気温や湿度の影響を受けませんよね。

引っ越しや家のリフォームなどは、荷物が多く広さが必要になります。

 

このように、それほど空調管理やセキュリティが気にならない場合は、屋外型トランクルームがオススメです。

 

ですが、保管するものは空調管理やセキュリティの心配がなくても、あなたがトランクルームに行く時間帯が夜遅いことが多いのであれば、やはりセキュリティがしっかりしている屋内型トランクルームがオススメです。

 

どうでしょうか?

あなたにオススメなのは屋内型か屋外型なのか、イメージできましたか?

 

でも、意外と一番悩むのって屋外型と屋内型のどっちでも大丈夫そうなとき、ではありませんか?

 

そんな時のために、どっちでも大丈夫そうな場合の選び方について、紹介しますね。

 

屋外型と屋内型どっちでもいい場合は?

 

どっちでも保管できるものだった場合の選び方です。

どっちでもいい場合は選び方のポイントは3つです。

どっちでもいい場合の選び方ポイント

  • 利用する頻度
  • 利用する時間帯
  • 料金

 

まずは、あなたのトランクルームの利用頻度をイメージしてみてください。

トランクルームに頻繁に行きそうですか?

それとも、ほとんど行く予定がなさそうですか?

 

ほとんど行かない

トランクルームにほとんど行かない場合は、屋内型や屋外型にこだわらず、料金が安いトランクルームがオススメです。

同条件でれば基本的には屋外型トランクルームのほうが安いです。

 

多少の不便さであれば、あなたが利用しやすい場所から離れたトランクルームでも、キャンペーンなどで安くレンタルできるトランクルームを検討してみてはいかかでしょうか。

防犯カメラが設置されている店舗を選びましょう。

 

 

頻繁に行く

トランクルームに頻繁に行く場合は、あなたがトランクルームを夜遅い時間帯に利用するのか、日中に利用するのかイメージしてみてください。

 

トランクルームに行く時間帯が遅い場合は、あなたが利用ししやすい場所にあるセキュリティがしっかりしている屋内型トランクルームがオススメです。

 

ですが、屋内型トランクルームはレンタル数が少ないです。

もし、屋内型トランクルームをレンタルする予定でしたら、あなたが利用しやすい場所に屋内型トランクルームがあるか、ドッとあーるコンテナ公式サイトで先にチェックすることをオススメします。

 

もし、屋内型トランクルームがなければ、利用する時間帯に気をつけて屋外型トランクルームをレンタルするか、他の会社でトランルームを探してみてくださいね。

セキュリティ・空調管理は店舗により異なりますので、契約前に確認していください。

 

トランクルームに行くのが日中の場合は、屋内型や屋外型にこだわらず、料金が安く行きやすい場所にある店舗がオススメ。

同条件であれば基本的には屋外トランクルームのほうが料金が安いです。

 

頻繁に行くのであれば、最も行きやすい場所にあるほうが便利ですが、長期契約する場合は料金の差がでてきます。

ですので、比較的あなたにとって便利な場所にあり、料金をおさえられる店舗がオススメです。

防犯カメラが設置されている店舗を選びましょう。

 

現在、ドッとあーるコンテナは料金がお得になるキャンペーン中です。

トランクルームはとても人気があり、時期によっては空きがない場合もあります。

 

まずは、近くのトランクルームに空きがあるか確認してみてはいかかですか?

 

ドッとあーる公式サイトで詳しくチェックする⇒こちらをタップorクリック

 

ドッとあーる公式サイトからは空き状況や初期費用が簡単に確認できますよ。

レンタルするサイズの相談もドッとあーるコンテナ公式サイトから可能です。

 

トランクルーム3選
ドッとあ~る
.rトランクルーム

24時間いつでも出し入れ自由。短期利用OK。
屋内型、屋外型、バイク収納型があり、趣味の道具置き場から引っ越しの荷物預け場所など様々な用途に対応。
初期費用に補償料、管理費、事務手数料、メンテナンス費用などがありますが月額はリーズナブル。契約は長期利用のほうがキャンペーンのお得感あり。

キュラーズ
キュラーズのトランクルーム

24時間いつでも出し入れ自由、短期利用OK。
セキュリティや湿度管理もバッチリで明るく清潔感のある屋内型トランクルームは、すぐに取りに行けなのは不安という人や初めてトランクルームを利用する女性にもオススメです。初期費用の事務手数料、保証金、管理費、更新料、解約費が無料なのが嬉しい。

宅トラ
宅トラ

出し入れはクロネコヤマトの宅配対応。契約者でも荷物の出し入れNG。
宅トラは「自分で荷物を持っていくのは面倒」「近くにレンタルトランクルームがない」というような人にはピッタリです。
初期費用には初回引取料などがありますが月額料のお得感はピカイチです。注意点は最低利用期間の基本は6ケ月間以上、荷物の配送に送料がかかること。

ドッとあ~る
junをフォローする
Roomea.
タイトルとURLをコピーしました