ドッとあーるコンテナでバイク保管する?評判や選ぶときのポイントは?

ドッとあ~る

ドッとあーるコンテナで、バイクを保管している人の評判ってどうなの?

ドッとあーるコンテナって、バイクの保管をバイクコンテナとバイク専用ガレージから選べるって本当?

 

そもそも、バイクコンテナとバイク専用ガレージの違いってナニ?

と、気になっていませんか?

 

そんな、あなたに代わって、ドッとあーるコンテナでバイクを保管している人の評判

ドッとあーるコンテナのバイクコンテナとバイク専用ガレージの違い。

そして、バイク保管のためにレンタルするときのポイントを調べてみました。

 

まずは、ドッとあーるコンテナで実際にバイクを保管している人の評判からお伝えしますね。

 

実際に保管している人の評判は、口コミが分かりやすいと思いますので、口コミを紹介します。

 

ドッとあーるコンテナでバイクを保管している評判は口コミで!

 

バイクを保管するために、ドッとあーるコンテナを利用している人の口コミです。

 

口コミまとめ

 

愛用してるバイクの置き場所として利用しました。中の広さもあり、シャッター音がでないのがいい。

 

マンションの駐輪スペースだと雨や盗難が心配だったので利用しました。スロープが付いているので収納しやすいです。

 

バイクコンテナをレンタルしました。少し広めを借りたので、時間があるとコンテナに行ってバイクをいじっています。

 

バイクを盗まれかけたので、バイクの盗難防止のためにコンテナを借りました。ガレージに移し、二重ロックにしました。

 

バイクを買う時に防犯のためコンテナを借りました。

 

 

口コミを見て感じたことは?

あなたはドッとあーるコンテナで、バイク保管用のためにレンタルしている人の口コミをみて、何を感じましたか?

バイク保管用にレンタルしている人は、みなさん盗難を意識している人が多いようです。

 

バイクの盗難も心配ですが、バイクにイタズラされてしまうのも、ショックではありませんか?

コンテナやバイク専用ガレージに保管すれば、雨や風の心配もなくなりますよね。

 

ただ、同じようにバイク保管するといっても、バイクだけを保管したいのか、バイク用品のタイヤなども一緒に保管したいのか。

バイクの保管場所でバイクのメンテナンスをしたいときもありますよね。

 

また、乗らないバイクを保管するのか、頻繁に使うバイクを保管したいのかでも、レンタルする条件が変わってきます。

 

どんな利用目的にしても、まずはドッとあーるコンテナでバイクを保管できるバイクコンテナとバイク専用ガレージの特徴や違いを知らないと、ドッとあーるでレンタルしていいのか決められないと思いませんか?

 

ですので、ドッとあーるコンテナでレンタルしていのか決められるように、まずはバイクコンテナとバイク専用ガレージに共通する特徴。

つぎに、バイクコンテナの特徴とバイク専用ガレージの特徴。

そのあとに、バイクコンテナとバイク専用ガレージの違い。

 

そして、最後にドッとあーるでバイク保管用にレンタルする時のポイントを、お伝えしますね。

 

それでは、ドッとあーるコンテナでバイクコンテナとバイク専用ガレージに共通する特徴からお伝えしていきます。

ドッとあーるコンテナでバイクコンテナ&専用ガレージに共通する特徴

 

ドッとあーるコンテナでバイクの保管を考えた時に、思いつくのはバイクコンテナバイク専用ガレージですよね。

 

これからバイクコンテナとバイク専用ガレージに共通する特徴をお伝えしていきます。

 

ですが、そのまえにドッとあーるコンテナでレンタルできるトランクルームの種類を知っておいたほうが分かりやすくなると思いますので、まずはドッとあーるコンテナでレンタルできるトランクルームの種類から紹介しますね。

 

トランクルームの種類

  • 屋内型トランクルーム
  • 屋外型トランクルーム
  • バイク収納型トランクルーム

 

ドッとあーるコンテナでレンタルできるトランクルームの種類は、上記3つに分けられます。

バイクの保管が可能なトランクルームは、「バイク収納型トランクルーム」です。

 

バイク収納型トランクルームには

 

・バイクコンテナ(屋外型トランクルーム)

・バイク専用ガレージ

 

2つがあります。

 

じつは、バイクコンテナは屋外型トランクルームの一部なんですよ。

屋外型トランクルームはコンテナを利用したトランクルームで、屋外型トランクルームの一部がバイク保管可能となっています。

 

屋外型トランクルームでバイクコンテナとして利用できるものは、ドッとあーる公式サイトでレンタルしたい店舗をチェックすると、サービスの欄が「バイク収納可」となっています。

 

ですので、バイク保管用のトランクルームをレンタルするときは、「バイク収納可」を目印にしてくださいね。

利用しないバイクを保管する際は、「バイク収納可」になっていなくても、レンタルできる場合があります。

 

↓↓画像のように「バイク収納可」になってればOKです。↓↓

 

 

それでは、バイクが保管できるバイクコンテナ(屋外型トランクルーム)と、バイク専用ガレージに共通する特徴をお伝えします。

 

バイクコンテナと専用ガレージに共通する特徴

  1. 最短当日からレンタル可能
  2. 短期~長期の契約が可能
  3. 24時間出し入れ自由
  4. 建物などの屋内ではなく屋外で保管
  5. 基本的には敷地内に防犯カメラ設置
  6. カギは防犯対策用の南京錠を使用

 

 

バイクコンテナ(屋外型トランクルーム)やバイク専用ガレージは、短期~長期でレンタル可能です。

レンタル開始日はレンタルする店舗(現地)で契約すれば、最短当日から利用可能です。

 

バイクコンテナ(屋外型トランクルーム)やバイク専用ガレージは、ビルのような建物内ではなく屋外にあります。

屋外の敷地内には24時間いつでも出入り自由です。

 

バイクコンテナ(屋外トランクルーム)やバイク専用ガレージ内には照明はありませんが、敷地内には夜間照明があります。

コンテナやバイク専用ガレージは置き型の照明を準備すると便利です。

 

防犯対策については、敷地内に防犯カメラが設置されていて、カギは特殊仕様の丈夫で強固な南京錠を使用しています。

バイク専用ガレージでは二重ロックできるものもあります。

 

敷地内には基本的に防犯カメラが設置されています。

ただ、店舗により防犯カメラが設置されていない場合があります。

ですので、契約前に確認することをオススメします。

 

じつは、ドッとあーるコンテナでは、契約する前や無料見学などで、実際にバイクを収納してみることが可能なんですよ。

 

無料見学や防犯カメラ設置の問い合わせは、ドッとあーるコンテナ公式サイトから可能です。

 

ドッとあーるコンテナ公式サイトを詳しくチェックする

↓↓↓こちらをタップorクリック↓↓↓



 

ドッとあーるコンテナのバイクコンテナの特徴

ドッとあーるコンテナのバイク収納型トランクルーム(2畳タイプ)

 

つぎは、ドッとあーるコンテナでレンタルできるバイクコンテナの特徴をお伝えしますね。

 

バイクコンテナ(屋外トランクルーム)の特徴

  • サイズが豊富なのでバイクの2台収納も可能
  • レンタル数が豊富なので希望地域で探すことが可能
  • バイク用にスローブがレンタルできる(初期費用5000円+税)

 

バイクコンテナ(屋外型トランクルーム)は、バイク専用に作られたコンテナではありません。

ですが、コンテナ(屋外型トランクルーム)は非常にレンタル数が多いので、あなたが希望している地域で探すことができます。

 

使わないバイクを保管するのでしたら、保管場所が遠くても問題ありませんが、バイクを頻繁に使うようでしたら、あなたが利用しやすい場所にあったほうが便利ですよね。

 

そんなときは、やっぱりレンタル数が多いほうが、あなたの希望した場所でレンタルできる可能性が高くなります。

 

また、コンテナ(屋外型トランクルーム)はサイズが非常に豊富です。

コンテナ(屋外型トランクルーム)のサイズは1.5帖から8帖まであるんですよ。

ですので、あなたの希望する広さをレンタルすることができます。

 

ちなみにですが、バイク専用ガレージは2.2帖から2.3帖ですので、コンテナを利用する際は2帖以上をオススメします。

 

もし、バイクを2台以上保管しようと考えているのであれば、8帖がオススメです。

 

コンテナにバイクを収納する際に便利なスローブは、レンタルすることも可能です。(初期費用5000円+税)

あなた自身で準備してもOKです。

 

ですが、先ほどもお伝えしたように、バイクコンテナ(屋外型トランクルーム)はバイク専用で作られたものではありません。

レンタルスペースによってはバイクの収納が難しい場合もあります。

 

ですので、契約前にバイクを収納してみる、または問い合わせてみることをオススメします。

ドッとあーるでは契約前に実際にバイクを収納してみることが可能です。

 

ドッとあーるコンテナのバイク専用ガレージの特徴!

ドッとあーるバイク専用ガレージ

ドットあーるコンテナのバイク収納型トランクルーム

 

つぎは、ドッとあーるコンテナでレンタルできるバイク専用ガレージの特徴をお伝えします。

 

バイク専用ガレージの特徴

  • バイク収納をしやすくするために奥行がある
  • サイズはバイク収納にピッタリな2.2~2.3帖
  • バイクをガレージに保管するためのスロープ付き
  • 二重ロックできるものがある

 

バイク専用ガレージは、その名の通りバイクの保管専用に作られたガレージです。

ですので、ガレージの広さはバイク収納にピッタリな2.2~2.3帖くらいのものに限られています。

そして、バイクを収納しやすいように奥行もあります。

 

また、バイクコンテナ(屋外トランクルーム)は南京錠のみでしたが、バイク専用ガレージには二重ロックできるものもあります。

ですが、二重ロックできるバイク専用ガレージは、レンタル数が少ないです。

 

ですので、二重ロックを希望するのであれば、さきに二重ロックできるバイク専用ガレージがどこにあるのか、問い合わせてみることをオススメします。

 

もし、あなたがレンタルしたい地域に、二重ロックできるバイク専用ガレージがあれば、ラッキーですよ。

 

ドッとあーるコンテナでバイクコンテナと専用ガレージの違いは?

 

バイクコンテナ(屋外型トランクルーム)とバイク専用ガレージの特徴が分かったところで、気になるのはやっぱり、バイクコンテナとバイク専用ガレージの違いですよね?

 

ここでは、バイクコンテナ(屋外型トランクルーム)とバイク専用ガレージの違いについて、お伝えしていきます。

 

バイクコンテナとバイク専用ガレージの違い

  • 広さの選択数の違い
  • レンタル数の違い
  • スロープの有無
  • 二重ロックの有無

 

バイクコンテナ(屋外型トランクルーム)とバイク専用ガレージで大きく違うのは、広さの選択数とレンタル数の違いです。

 

バイクコンテナは屋外型トランクルームの一部ですので、レンタルしている店舗が多く、レンタル数が多いです。

一方、バイク専用ガレージをレンタルしている店舗が少ないので、レンタル数も少なくなっています。

 

また、バイクコンテナは1.5~8帖から選択することができますが、バイク専用ガレージは2.2~2.3帖に限られています。

 

ただ、レンタル数は少ないバイク専用ガレージですが、バイク保管専用に作られただけあって、バイク収納の際に便利なスロープがついています。

 

そのほか、全てではありませんが、二重ロックできるバイク専用ガレージもあります。

盗難がとても心配なときには、二重ロックできるバイク専用ガレージがあると安心しますよね。

 

バイクコンテナ(屋外トランクルーム)とバイク専用ガレージの違いは大きく分けると、こんな感じです。

 

では、バイク保管でレンタルするなら、バイクコンテナ(屋外型コンテナ)とバイク専用ガレージ、どっちがいいのでしょうか?

 

ドッとあーるコンテナでバイクを保管するならどっち?

ドッとあーるコンテナのバイク収納型トランクルーム3畳タイプ

 

結局、バイクコンテナ(屋外型トランクルーム)とバイク専用ガレージ、どっちをレンタルすればいいのかな、、、

って、悩んでいませんか?

 

そんな時のために、個人的な判断ではありますが、お答えしますね。

 

もし、あなたが

2.2~2.3帖を希望でスローブと二重ロックが必須であれば、バイク専用ガレージがオススメ。(二重ロックのバイク専用ガレージは少ないです)

 

それ以外はバイクコンテナ(屋外型トランクルーム)でOKです。

 

バイクを2台収納したい場合は、バイクコンテナ(屋外型トランクルーム)でないと収納できません。

 

少し大きめの棚が置きたい場合や、ついでにタイヤなど収納したい場合は、ある程度の広さが必要になりますよね。

2.3帖を超える広さが必要になると、バイク専用ガレージにはないので、バイクンテナ(屋外型トランクルーム)になります。

 

広さはいらないから、二重ロックにしたい。

という場合は、バイクコンテナ(屋外型トランクルーム)にはありませんので、バイク専用ガレージになります。(二重ロックは少ないです。)

 

ただ、二重ロックがないバイクコンテナ(屋外型トランクルーム)でも、あなた自身でチェーンロックやアラームロックなどの防犯対策をすることは可能ですよ。

 

さきほどもお伝えしましたが、バイク専用ガレージはレンタル数が少ないです。

頻繁に利用するのであれば、あなたが利用しやすい場所にレンタルスペースがあったほうが便利です。

 

ですので、バイク収納場所を探すときは、まず希望する地域にバイクが保管できるバイクコンテナ(屋外型トランクルーム)やバイク専用ガレージがあるか確認してみてください。

 

もし、そこでバイク専用ガレージがレンタルできるようなら、バイクコンテナ(屋外型トランクルーム)とバイク専用ガレージのどちらにするか、考えてみてはいかがですか?

ドッとあーるコンテナでバイク収納型トランクルームを選ぶ時のポイントは?

ドッとあーるバイク防犯システム

バイクの保管をバイクコンテナ(屋外型トランクルーム)にするか、バイク専用ガレージするか、決め方につていはイメージできたでしょうか?

 

最後にレンタルする店舗を選ぶときのポイントについて、お伝えしますね。

 

まず、バイクコンテナを検討するのであれば、「バイク収納可」の記載があるかチェックしてくださいね。

使わないバイクを保管する場合はバイク収納可能の記載がなくても利用できる場合があります。

 

バイク収納でレンタルする時のポイント

  • 奥行がある少し大きめをサイズを選ぶ
  • 防犯カメラが設置されている店舗を選ぶ
  • 人通りの多い立地を選ぶ
  • 頻繁に利用するときは近場を選ぶ

 

 

頻繁に使うバイクを保管する際は、奥行きがある少し大きめのサイズを選ぶと便利です。

頻繁にバイクを出し入れするとなると、奥行きや広さがないと出し入れがしずらいです。

 

また、少し広めであれば、置き型の照明や棚を置いたり、タイヤなどバイク用品を一緒に収納することができますよ。

 

レンタル契約をする店舗はできるだけ、防犯や盗難対策として、人通りが多い立地にある店舗、監視カメラが設置されてる店舗を選びましょう。

 

そして、バイクを頻繁に使うのであれば、バイクコンテナやバイク専用ガレージにこだわらず、あなたが利用しやすい近場の店舗を選びましょう。

 

あなたが自転車で行けるような場所であれば、バイクを出して出かけるときに自転車を収納しておけますよ。

 

ドッとあーるコンテナでは、契約前に実際にバイクを収納してみることも可能です。

 

バイク保管用のトランクルームはバイクの置き場所に困った人だけではなく、雨風日差し対策、イタズラ盗難対策などで非常に人気があり、空きがなこともあります。

 

ですので、タイミングが大事です。

 

ドッとあーるコンテナの公式サイトでは店舗別の空き状況、毎月の料金、初期費用などが確認できます。

まずは、あなたが探す地域にレンタルできる店舗があるか探してみませんか?

 

ドッとあーるコンテナは現在キャンぺーン中です。

キャンペーンはドッとあーるコンテナの公式サイトで確認できます。

 

ドッとあーる公式サイトで詳しくみる⇒こちらをタップorクリック

レンタルしたいサイズが分からないなど相談も、ドッとあーるコンテナ公式サイトから電話やメールで問い合わせできます。

 

トランクルーム3選
ドッとあ~る
.rトランクルーム

24時間いつでも出し入れ自由。短期利用OK。
屋内型、屋外型、バイク収納型があり、趣味の道具置き場から引っ越しの荷物預け場所など様々な用途に対応。
初期費用に補償料、管理費、事務手数料、メンテナンス費用などがありますが月額はリーズナブル。契約は長期利用のほうがキャンペーンのお得感あり。

キュラーズ
キュラーズのトランクルーム

24時間いつでも出し入れ自由、短期利用OK。
セキュリティや湿度管理もバッチリで明るく清潔感のある屋内型トランクルームは、すぐに取りに行けなのは不安という人や初めてトランクルームを利用する女性にもオススメです。初期費用の事務手数料、保証金、管理費、更新料、解約費が無料なのが嬉しい。

宅トラ
宅トラ

出し入れはクロネコヤマトの宅配対応。契約者でも荷物の出し入れNG。
宅トラは「自分で荷物を持っていくのは面倒」「近くにレンタルトランクルームがない」というような人にはピッタリです。
初期費用には初回引取料などがありますが月額料のお得感はピカイチです。注意点は最低利用期間の基本は6ケ月間以上、荷物の配送に送料がかかること。

ドッとあ~る
junをフォローする
Roomea.
タイトルとURLをコピーしました