ズボンを収納するときのたたみ方は?引き出しは立てるOR丸めるとスッキリします!

収納テクニック大全

ズボンを収納ケースの引き出しにしまうとき、たたみ方って悩みませんか?

ズボンを収納ケースの引き出しにしまうときは、ズボンを丸めたり、立てて収納するとスッキリしますよ。

 

こちらでは、実際に我が家でズボンを収納ケースの引き出しにしまうときの、たたみ方を紹介します。

ズボンを収納するときは立てるor丸めるたたみ方が便利です!

 

ズボンを収納ケースにしまうときにのたたみ方って、悩みませんか?

引き出しにたくさん収納したいけど、ズボンがシワになってしまっては困りますよね。

 

また、シワにならなくても、ズボンを取り出しにくいと、すぐに引き出しの中がグチャグチャになってしまいます。

 

ズボンのしまい方によっては、どんなズボンが収納されているのか分からなくなって、同じズボンばかり着てしまい

 

「こんなズボン持ってたんだ、、、」と、なってしまうこともあります。

 

ズボンを収納ケースの引き出しにしまうときの悩みの多くは

 

・ズボンがシワにならないようにたたみたい

・ズボンをコンパクトにたたみたい

・収納しても1つ1つのズボンが見えやすいようにたたみたい

 

ではないでしょうか。

 

この3つを解消するたたみ方は

 

・ズボンを立ててたたむ

・ズボンを丸めてたたむ

 

です。

 

この2つのたたみ方を利用すると収納ケースの引き出しがスッキリ片付きますよ。

つぎは、我が家で実際にやっているズボンを立ててたたむ方法を紹介していきますね。

 

ズボンを立てて引き出しに収納するたたみ方

 

まずは、ズボンを立てて引き出しに収納する我が家のたたみ方を紹介します。

 

ズボンを立ててたたむ方法は、ズボンの生地がしっかりしているものがオススメです。

 

薄い生地のズボンは立ててたたむ方法でも、ズボンが立ちにくいです。

 

柔らかい素材でパジャマ代わりになるような薄い生地のズボンは、丸めて引き出しに収納すると便利ですよ。(丸める方法はジーンズなどしっかりした生地でもOKです。)

ズボンを丸める方法は後ほど紹介しますね。

 

また、スラックスなどのように、生地が薄くシワがあると困るようなものは、吊るして保管するのがオススメです。

 

今回は生地のしっかりした成人の男性用の短パン長いジーンズで紹介します。

 

ジーンズを立て収納するたたみ方

 

①ズボンを縦2つに折りたたむ。

まずは、ズボンにシワができないようにシワをのばして、縦に半分に折ります。

お尻の部分は内側に折りたたみ、ズボンの下側が一直線になるようにしておきます。

 

 

 

②ズボンを3つ折りにする

半分になっているものを、さらに3つ折りにします。

 

ポイントは長さをピッタリ半分にするのではなく、画像のように少しずらておきます。

少しずらておくのはジーンズに厚みがあるからです。

少しずらしておくことで、3つ折りにしたときにピッタリと重なりますよ。

 

 

 

③完成

3つ折りにしたら完成です。

 

短パンを立てて収納するたたみ方

 

①短パンを縦2つに折りたたむ

短パンも縦2つに折りたたみ、お尻部分をジーンズのたたみ方と同様に、内側にたたんで下側が一直線になるようにします。

 

縦2つに折りたたんだら、今度は3つ折りにしてください。

 

 

 

②完成

3つ折りにしたら完成です。

 

ズボンを丸めて収納するときのたたみ方

 

ズボンの素材が柔らかく薄い生地だと立ててしまうのは難しいです。

せっかく立てて引き出しの中に収納しても、引き出しの中でズボンが倒れてしまいます。

 

そんなときは、ズボンを丸めて収納してしまいましょう。

 

たとえば、パジャマ代わりの柔らかい素材のズボンで洗う頻度が多いものは、丸めてしまう方法のほうがたたむ手間もかからず便利ですよ。

 

また、生地の厚いジーンズなどでも丸めてしまうこともできますし、スーツケースにしまうときにも丸めてしまう方法はオススメです。

 

しかも、たたみ方はとても簡単です。

ぜひ、丸めるたたみ方も覚えておいてくださいね。

 

ズボンを丸めるたたみ方

 

①ズボンを2つ折りにたたむ

画像の上にあるのは生地の柔らかい長いズボンです。

長いズボンは立ててたたむ方法の②の画像のように、まずは縦に半分に折ります。

(お尻部分は立てて畳むときのように一直線にしてくださいね)

 

そのあとに、長さをさらに半分にするように2つ折りにたたみます。

 

長さを半分にするときは画像のように少しずらしておくと、丸め終わった際にズボンがピッタリ重なります。

 

画像の下にあるのはパジャマ代わりにしている、生地の柔らかい短パンです。

短パンは画像のように縦に2つに折りたたんでおきます。

 

 

 

②ズボンを丸める

長いズボンも短パンも下のほうからクルクルと丸めたら完成です。

 

ズボンのシワについて

長期間たたんだまま収納すると、生地の種類によってはシワがついてしまいます。

シワがつくのはたたみ方で軽減できますが、生地によってはシワがたくさんついてしまいます。

 

洗濯できるズボンであればシワがついても洗濯すると、ほとんどの場合シワは取れてしまいます。

 

ですので、衣替えで長期間しまっておくようなズボンは、着る季節がきたら1度洗ってしまうという方法もあります。(我が家はこの方法です)

 

ですが、絶対にシワをつけたくないものは、吊るして保管しておくのがオススメです。

 

ただ、吊るして保管するときも日に当たらないように気をつけてくださいね。

室内でも日に当たるような場所で保管すると、ズボンが日焼けします。

 

ズボンを洗濯する方法は下記の記事で詳しく紹介しています。

ズボンを洗濯で裏返しにするメリットは?長持ちして毛玉がつきにくいって本当?

 

それでは、最後に収納ケースの引き出しにしまう方法を紹介しますね。

引き出しにしまう方法は、我が家で実際に収納している方法です。

 

ズボンを収納ケースにしまう方法

 

収納ケースの引き出しにズボンをしまう方法について紹介します。

今回はイメージがしづらいと思われる、ズボンを立てて引き出しに収納する方法を紹介しますね。

 

立てて収納することのメリットは、1つ1つのズボンが見やすく、すぐに取り出せることです。

 

我が家にある収納ケースの引き出しは「奥行:64cm 横:37cm 高さ16㎝」です。

*サイズは引き出しの中で測っています。

 

 

ズボン収納方法

 

 

ズボンの収納は引き出しの手前から横1列に順番に入れいています。

縦1列ではなく、横1列にするのは、縦の長さより横の長さが短いからです。

 

引き出しの長い方にあわせてズボンを収納すると、洗濯などでズボンが少なくなったときに1列がスカスカになってしまいます。

 

1列がスカスカになってしまうと、厚さがあるズボンでも倒れやすくなります。

 

ですので、収納するときは倒れてしまうのを防止するために、長さの短い横1列で収納するのがオススメです。

 

ちなみにですが、上の画像は手前に短パンが6着、後ろに長いズボンが5着入っています。

長いズボンの後ろは少し隙間があるので、ズボンのベルトを丸めてしまっています。

 

ズボンのたたみ方は先ほど紹介した、立ててたたむ方法です。

先ほどのたたみ方ですと、高さ16㎝にピッタリなんですよ。

 

引き出しの中が16㎝のものは結構あると思いますので、よかったら試してみてくださいね。

トランクルーム3選
ドッとあ~る
.rトランクルーム

24時間いつでも出し入れ自由。短期利用OK。
屋内型、屋外型、バイク収納型があり、趣味の道具置き場から引っ越しの荷物預け場所など様々な用途に対応。
初期費用に補償料、管理費、事務手数料、メンテナンス費用などがありますが月額はリーズナブル。契約は長期利用のほうがキャンペーンのお得感あり。

キュラーズ
キュラーズのトランクルーム

24時間いつでも出し入れ自由、短期利用OK。
セキュリティや湿度管理もバッチリで明るく清潔感のある屋内型トランクルームは、すぐに取りに行けなのは不安という人や初めてトランクルームを利用する女性にもオススメです。初期費用の事務手数料、保証金、管理費、更新料、解約費が無料なのが嬉しい。

宅トラ
宅トラ

出し入れはクロネコヤマトの宅配対応。契約者でも荷物の出し入れNG。
宅トラは「自分で荷物を持っていくのは面倒」「近くにレンタルトランクルームがない」というような人にはピッタリです。
初期費用には初回引取料などがありますが月額料のお得感はピカイチです。注意点は最低利用期間の基本は6ケ月間以上、荷物の配送に送料がかかること。

収納テクニック大全
junをフォローする
Roomea.
タイトルとURLをコピーしました